住職が選んだ今日の島根県のこと 【島根県立大女子学生殺害事件10年で追悼】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

島根県立大女子学生殺害事件10年で追悼

浜田市で女子大学生が行方不明になりその後、殺害された事件の発生から10年となり、通っていた大学では追悼の催しが開かれました。
島根県立大学の1年生だった平岡都さん(当時19)は平成21年10月26日に浜田市で行方不明になったあと殺害され、7年後に、すでに死亡していた男が殺人の疑いなどで書類送検され、その後、不起訴となっています。
事件の発生から10年となった26日、大学では平岡さんを追悼する催しが開かれ、学生や市民などおよそ100人が集まりました。
はじめに学生代表が「事件を知る学生が減ってきているが、この機会に命の尊さを訴えたい」と述べ、全員で黙とうをささげました。
会場ではおよそ1200個のキャンドルに火がともされ、集まった人たちが平岡さんをしのんでいました。
MAKO
MAKO

もう十年も経つんだ。島根の西部は平和な町で中々殺人事件など起きないので当時も今も衝撃的なことだった。そして犯人がわかったのもホントたまたま。近場の人間でもないし、犯人が死亡しなければもっともっと分からなかっただろう。本当にやるせない事件だった。しかし会ったことのないにも関わらず平岡さんがここにいた証を忘れないように今の学生がこのようなことをするのは凄い。そしてこの悲劇を悲劇だけで終わらせないようにしなければならない。合掌。

コメント