住職が選んだ今日の島根県のこと 【浜田市の子ども達が森の大切さを学ぶ】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

浜田市の子ども達が森の大切さを学ぶ

来年、島根県で行われる「全国植樹祭」を前に、浜田市金城町の今福保育園で、子どもたちが森林の大切さについて学ぶ「森の教室」が開かれました。
このなかでは、森の木々が空気をきれいにしていることや山にしっかり根をはることで、土砂崩れが起こりにくくなるなどについて学んでいました。
そして、キャラクターと一緒に、音楽にあわせて「森の体操」を踊っていました。
このあと、子どもたちは外に出て、プランターにどんぐりの実を植え、「大切に育てます」と宣言していました。
参加した6歳の女の子は、「森が大切だと思いました。きょうまいたどんぐりが大きく育ってほしいです」と話していました。
7日に植えたどんぐりの実は保育園で苗まで育て、そのあとは園内や地域に植樹することにしています。
MAKO
MAKO

おいおいおい~、こういう企画こそネイチャーレッドさんの出番だろ(笑)しかしこれはいい企画だね。三つ子の魂百までじゃないけど、こうやって小さい子に自然のことを教え、人間は自然と共に生きて生かされて共存しているというのをしっかり学ぶことは大切だと思う。自然は時に優しく時に厳しい存在だけれども自然があるから生きていけるという感謝の心を小さいと気に身に付けてそれをずっと忘れないでいれば感謝が出来る素敵な大人になると思います。田舎ならではのとってもいい企画だと思いました(*´▽`*)

正福寺ホームページはこちら
正福寺納骨壇について
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

コメント