住職が選んだ今日の島根県のこと 【開星高野球部監督が体罰告発、退任要求されていた】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

開星高野球部監督が体罰告発、退任要求されていた

秋季島根大会準々決勝・平田高校戦が行われた9月24日。開星は1―2で敗れ、来春甲子園出場を逃した。
試合に敗れた直後、帰りのバスに乗ろうとした部員に対し、同校の山内弘和監督(44)が『学校まで走って帰れ!』と激しい口調で叱責。球場から学校までの約30キロの罰走を命じた。部員たちは宍道湖沿いの国道431号を走って学校に向かった。
全力で試合を戦い、体力、精神力を使い果たした直後の罰走。しかも、部員たちが走る国道431号は片側1車線の狭い道路で、歩道が途切れる箇所もある。この話を聞きつけた一部の保護者が、部員が交通事故に遭っては大変だと学校に問い合わせたうえで、自らの判断で車で駆けつけ、後ろから部員たちを見守ったという。
「その後、学校は山内監督に連絡。事情を聴いたうえで、バスで部員を途中まで迎えに行くことにした。それで終わったかと思いきや、山内監督は学校に帰った後にも部員たちに2000スイングもの素振りを課した。学校内外では『これは体罰だ』と大騒ぎになり、地元マスコミも取材に動きました」
山内監督は今年2月には部員への暴力行為による体罰で4カ月間の謹慎処分を受けた。今回の一件は、謹慎が解けた後のことだ。
こうした山内監督の“行き過ぎた”指導に不信感を抱く一部の保護者が、島根県高野連や私立学校も管理・監督等を行う島根県庁総務部内の私学・県立大学室などに指導改善と監督退任を求める嘆願書を送っている。
MAKO
MAKO

体罰ね。私は全面的に反対。たまに体罰があったから強くなれたみたいな人もいるけど、学校教育法の第11条に「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、学生、生徒及び児童に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。」とあるのでそんな意見は議論の余地もない。なので私に言わせたらカレーを同僚に食べさすのも生徒に体罰するのも一緒。指導力のなさを露呈しているだけなのでこの人に限らずとっとと辞めさせるべき。因みに私の知り合いを使った統計だと大学入って居酒屋で暴れたり悪いことするのは大抵、野球部かサッカー部かラグビー部だった。あまり押さえつけると・・・そういうこっちゃ。

正福寺ホームページはこちら
正福寺納骨壇について
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

コメント