住職が選んだ今日の島根県のニュース【松江駅前で「赤紙」模したチラシで平和訴え】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

【松江駅前で「赤紙」模したチラシで平和訴え】

島根県内の市民グループが、78年前、旧日本軍がハワイの真珠湾を攻撃し、太平洋戦争が始まった12月8日に合わせて、松江市の松江駅前でグループのメンバーが軍の召集令状、いわゆる「赤紙」を再現したチラシを配りました。
チラシは、戦争で多くの人が亡くなった歴史を思い起こしてもらおうと、実際に使われていた召集令状が印刷され、当時の「赤紙」が再現されています。
メンバーは「憲法9条を守りましょう」などと呼びかけながら、チラシを配っていました。活動を行ったメンバーの一人は「私の父もアメリカ軍の捕虜になり、大変な思いをしたと話していました。私たちは、戦争のない時代を生きることができましたが、子や孫が戦争にかり出されることがないよう、活動を続けていきたい」と話していました。
MAKO
MAKO

赤紙使うとかこーゆー事って当然賛否あがるでしょう。でもやってる人たちは純粋だと思う。何故なら私も職業柄、リアルに戦地に行って戦争に参加した人から「本当の」戦争の話を何度も聴いているから。赤紙が来た時にどんな気持ちだったか聞いたら皆、当時の状況じゃ本音は言えなかったが、本当は嫌で嫌で怖くて怖くて眠ることもできなかったと言ってた。だからきっとこういう活動してる人たちは自分の祖父母や直接言った人から本当の所を聞いてるのでしょう。私も当然行っていませんが、戦争のリアルを聞いてきたものとしてどんな形をとっても戦争だけはしちゃいけないと強く思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

田舎暮らしランキング

コメント