住職が選んだ今日の島根県のニュース【浜田市金城町美又、妖怪缶バッジで町おこし】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

浜田市金城町美又、妖怪缶バッジで町おこし

「美人の湯」で知られる浜田市金城町美又温泉の地元に伝わる妖怪伝説にちなみ、住民グループ「美又湯気の里町づくり委員会」が「妖怪缶バッジ」を制作した。妖怪のデザインは故水木しげるさんのアシスタントが手掛けた。イベントなどでの販売を通じ、地域の活性化に妖怪たちの力を借り「妖怪の里」をアピールしている。
アシスタントさんが少年時代に妖怪と遭遇したという地区内2カ所に看板を立て、伝説がある神社、ほこらなどを散歩コースとしたA3判四つ折りの「美又おさんぽ歩数マップ」も発行。妖怪の里として知名度を上げようと新たに缶バッジを作った。
妖怪は「すねこすり」「川赤子」など9種類。1個100円で、地区内で開かれるイベントの会場などで実演販売。
MAKO
MAKO

先代の生前中に金城町の小学校の先生したけど美又に妖怪なんて聞いたことが無い。ホントに無い。子どもたちと地域の勉強しても妖怪のよの字も出てきたことが無い。まあでも色々作り出してシレッとそうだったってことにするのも大事かもしれない。ほら、ここだってネイチャーランドって言ってシレッとヒーローの基地になってるし(笑)どんな形であれ人が来れば勝ちなんだから頑張って欲しい。まあ妖怪が正解かどうかは分からないけど、美又の温泉自体は超いい温泉いい。これは間違いない。妖怪は置いといても入りに来てみて欲しいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

田舎暮らしランキング

コメント