住職が選んだ今日の島根県のニュース【邑南町、津和野町、吉賀町など少人数学級縮小町村長は理解示す】

住職が選んだ今日の島根県
スポンサーリンク
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

邑南町、津和野町、吉賀町など少人数学級縮小町村長は理解示す

小中学校の少人数学級を縮小し子育て環境の整備を充実させる県の方針をめぐって、知事と県内の町村長との意見交換会が松江市で開かれ、町村長からは理解を示す声が相次ぎました。
意見交換会では邑南町の石橋町長は、「影響緩和の対応として、実情に応じた加配をしていくという話もあり、私は安心して少人数学級の見直しについて受け入れたい」と述べました。
また、知夫村の平木村長は、「十分理解できる話だし、必要性はわかる。子どもたちが相手なので、影響の緩和や課題への対応を十分に考えたうえで、しっかり対応していただきたい」と述べたほか、吉賀町の岩本町長は、「島根県の最大の課題は人口減少に尽きるので、県だけでなく19市町村が歩調を合わせていかないと課題の解決は成就しない。やむをえない判断だと思う」と述べました。
そして、島根県町村会の会長を務める津和野町の下森町長が、「限られた予算の中で島根の子育ての全体の充実を図るという視点から、総合的に県のほうで判断したものなので、町村会としては了解をしたい」と述べ、県の方針に理解を示しました。
終了後、丸山知事は、「人口減少がより深刻に現れている地域の町村長に、施策の必要性について深い理解を得られたと思っている」と話しました。
MAKO
MAKO

さて、少人数制度廃止の続報です。特に言うことは無いですがこの政策が子どものためになって人口が増えると本気で思ってるなら市長や町長なんか辞めた方がいい。あと邑南町は一番政策に賛成しちゃいけない町だろ。自分の町の小中学校の実態把握してないのか?見損なった。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

田舎暮らしランキング

コメント