住職が選んだ今日の島根県のニュース【松江の小学校で「ノー宿題デー」実施】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が今日の1番の島根県のニュースはこちら!

松江の小学校で「ノー宿題デー」実施

「ノー宿題デー」は、松江市の内中原小学校が今月から導入します。
1年生から6年生まですべての学年で、毎月第3日曜日を「ノー宿題デー」と定め、休みの前の金曜日に宿題を一切出しません。
子どもが勉強や地域でのスポーツ活動に追われて、家族とのふれあいの時間が少なくなっているのではないかという指摘を受けて、学校とPTAが合意しました。
これによって、家族旅行の予定が立てやすくなったり、子どもたちが好きなことに打ち込めるようになったりすると期待されています。
内中原小学校では、3月までを試行期間と位置づけて、実態や効果を調べた上で、新学期以降の本格導入を目指すことにしています。
「ノー宿題デー」についてNHKが、島根県内の各市町村の教育委員会に聞いたところ、いずれも「導入例は知らない」などとしていて、文部科学省も「把握していない」としています。
MAKO
MAKO

・・・・・

全国の学力テスト44位の島根県で何故こんなことが出来るのか・・・

ただでさせゆとりゆとりと言われ、学力低下が問題になっている中で学校が自らそれに拍車をかける体制をとるなんて驚愕に値する(苦笑)しかも教育委員会も文科省も知らないって💦家族との触れ合いの時間が無いのを宿題のせいにする意味が分からん。大体宿題の量って教員のさじ加減だからね。いつもより少なくするなら分かるし、ださせれたものをやるやらないは子どもや家庭の判断でしょう。それを3日間も勉強をしなくていい状態を学校が作り出すというのが理解できない。旅行行ったから宿題できませんでした!じゃあ、休み時間利用して頑張ってやろう!で、いいじゃん。学びをやめた人間は猿以下だぞ。ノー宿題デーなんて言葉がはやらないことを個人的に切に願う。つーか、PTAも合意とかホント理解できん。。。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

田舎暮らしランキング

コメント