住職が選んだ今日の島根県のニュース【驚愕:江津市だけが西日本豪雨災害で「公費解体」制度活用せず】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

驚愕:江津市だけが西日本豪雨災害で「公費解体」制度活用せず

おととしの西日本豪雨では、多くの家屋が被害を受けたことから、国は半壊以上の家屋の解体費用について全額補助する制度を設けましたが江津市ではこの制度が活用されていなかったことがわかりました。
おととしの西日本豪雨では、江の川や支流の一部が氾濫し、江津市では200棟あまりの家屋で水につかる被害が出て、このうち全壊は48棟、半壊は119棟に上りました。
国は、半壊以上の被害を受けた住宅の解体費用について、被災証明書があれば原則、無条件で全額を補助する制度を設けましたが、江津市では、この制度が活用されていなかったことが関係者への取材で分かりました。
その理由について江津市は、対象となる家屋がないと判断し、住民に制度を周知しなかったとしています。
制度を活用するかどうかは、各自治体の判断に委ねられますが、NHKが西日本豪雨で被害の大きかった中国地方5県の38の自治体に取材したところ、岡山県倉敷市や広島県坂町、それに島根県川本町など、江津市をのぞくすべての自治体でこの制度が活用されていました。
制度が活用されなかった江津市では被害を受けた住宅のうち、解体費用を住民が全額負担したケースもありました。
これについて江津市では「無条件で制度が活用できるとは知らなかった。また、国の補助対象になる家屋はなかったと認識していた」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/20200212/4030004600.html
MAKO
MAKO

何故全壊は48棟、半壊は119棟で補助の対象となる家屋が無いになるのか?そして何故、他の県市町村の全ての自治体が知ってるのに江津市だけが知らなかったのだろうか?教えて偉い人!誰が悪いわけでもなく復旧のために何百万も自腹で切って、尚且つ、本当に被災者の負担がどうやったら軽くなるのか自分のこととして真剣に見てくれてなかったことが分かったらそりゃ市民の怒りも大爆発するでしょう。そんな江津市は心ときめく夢の町らしいですよ(笑)因みに私も被災した町の人間です。

コメント