住職が選んだ今日の島根県のニュース【優しい世界:休校に伴い子連れ出勤認める企業現る】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

休校に伴い子連れ出勤認める企業現る

2日からの小中学校が休校になっている自治体の中には、子どもと一緒に出勤することを認める企業も出ています。奥出雲町内の建設会社では、小学生の子どもや孫がいる従業員を対象に、2日から子どもと一緒に出勤することを認めています。
会社では、子どもたちに2階の部屋を用意し、母親らが仕事をしている間、子どもたちはこの部屋で宿題をしたり、会社が用意した卓球台で遊んだりして過ごしていました。
また、従業員1人が常に子どもの様子を見ているほか、1日に3回、子どもの体温を測るなど、体調面にも気を配っているということです。
小学5年生と1年生の孫と一緒に出勤した女性は、「息子夫婦が働いていて、小学1年の孫を、長期間、家に置いておくわけにもいかないので、一緒に連れてきました。会社の対応に助かっています」と話していました。
子どもと一緒に出勤することを認めた「サンエイト」の佐藤和彦社長は、「突然の休校措置で戸惑いましたが、社員と子どもたちが困らないように、できることをしたい」と話していました。会社では、この措置を今月24日まで続けることにしています。
MAKO
MAKO

これは優しい世界。こういうピンチの時にみんなが少しづつ我慢したり努力したりしたらうまくいくこともある。もちろん今回のウイルスによって倒産する企業もあるのでそんな余裕がない会社も当然あるのも分かる。ただブラック企業ブラック企業と会社と従業員の信頼が無く働くことが辛いことだという印象が強くなった昨今で、こういう会社もあるということ。もちろん仕事なので甘くないけど、その中でもこういう優しさを持った経営者が増えて行けば明るい世の中にもなるだろうね。にしても奥出雲って島根でも色んな部分で進んでるような印象を受ける。小さい自治体だから逆にフットワークが良かったり住民の声が届きやすいのかな。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

田舎暮らしランキング

コメント