住職が選んだ今日の島根県のニュース【島根県へのUターンIターン 3年連続減少】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

島根県へのUターンIターン 3年連続減少

島根県によりますと、昨年度、5年以上定住する意思を持って県外から転入してきた「Uターン」や「Iターン」などの人数は、3618人でした。
前の年度を282人下回り3年連続で減少しました。
内訳を見ますと、「Uターン」は、104人減って2234人、「Iターン」は、201人減って1319人で、どちらか断定できない人が23人増えて65人でした。
市町村別では、飯南町が33人、江津市が21人、それぞれ前の年度を上回った一方、出雲市は184人、松江市は91人減少しました。
これについて県では、都会での仕事を選ぶ人が多いことに加え、米中貿易摩擦の影響で、県内の製造業の会社などが雇用を減らしたことも背景にあると見ています。
県は、昨年度末までに、Uターン・Iターンの人数を4600人余りに増やすという目標を掲げていましたが、達成できませんでした。
MAKO
MAKO

でしょうね、としか言いようがない。それでも去年、安倍ちゃんがとっくに帰っていないのに移住成功例として実名報道してやらかした江津パクチー事変という結構壮大な放送事故があったにも関わらず増えてるってのは正直驚いた💦江津市の子育て支援再作で子育て世代が来るなんてありえないから、定年した人たちが帰ってきたか、もしくは農業を勉強しに来た外国人留学生の増加でしょうきっと。江津の福祉については知らないから、年取って帰って来てもいいのかもしれないしね。いや、ホントに知らないから憶測で言ってるけど(笑)飯南町はいいね。なんたってマスコットキャラのいいにゃんが可愛い(*´▽`*)そして中学卒業まで医療無料。4,770人しか人口いないのに増えてるってことはそれだけ子育て支援に力を入れてるからだね。因みに何度も言ってるけど、子どもの医療費無料、飯南町15才(中学卒業まで)、江津市6才(小学校入学まで)です。病気をしなかったら関係ないのかもね。そして私はもうこの制度には関係なくなるので次の世代の保護者の方々、変えられないと諦めて受け入れるならそれでもいいし、おかしいと思って立ち上がるのもいいでしょう。私は敗れ去りました。。

 

正福寺ホームページはこちら
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック






コメント