住職が選んだ今日の島根県のニュース【小学生への強制わいせつ事件、元教諭実刑判決】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

小学生への強制わいせつ事件、元教諭実刑判決

出雲市の元小学校教諭は去年1月ごろから、県東部に住む女の子に対し13歳未満であると知りながらわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの罪に問われていました。
これまでの裁判で、被告の弁護側は、「十分反省している」などとして執行猶予付きの判決を求め、検察は、懲役3年を求刑していました。
23日の判決で、松江地方裁判所の畑口泰成裁判官は「幼い女児も性的な対象とする自身の性癖を自覚しながらあえて教職に就き、わいせつ行為を繰り返していて、犯行動機などに酌量の余地は全く認められない」と述べました。
そのうえで、「被害児童の保護者が厳しい処罰感情を示すのは当然で、社会に及ぼした影響も軽視できず、実刑が相当だ」として、懲役2年の実刑判決を言い渡しました。
MAKO
MAKO

小学校教諭による小学生への猥褻事件、ここで何度か取り上げたので最後までお伝えします。無期懲役じゃないのは残念だが執行猶予無しの実刑は当然でしょう。そして裁判官の「幼い女児も性的な対象とする自身の性癖を自覚しながらあえて教職に就き、わいせつ行為を繰り返していて、犯行動機などに酌量の余地は全く認められない」のこれが全て。自分の性癖を自覚しながらあえて教職に就くという悪魔のような所業。そりゃ面接でそれを見抜くのは無理な話だが、教員採用試験に受けるということは教師の資質があったのにもったいない話。腹が立つし許しがたいが、刑が決まったらなもう反省して次の人生を頑張って欲しい。ホント、ロリ性癖さえなければ勿体ない人材だと思うから。

 

 

 

正福寺ホームページはこちら
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック



コメント