住職が選んだ今日の島根県のニュース【小中学校での不登校 島根県が全国ワースト1位】

住職が選んだ今日の島根県
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

小中学校での不登校 島根県が全国ワースト1位

小中学校での不登校が島根県内では児童・生徒1000人あたり24人と全国47都道府県で不登校の比率がワースト1位となった事が国のまとめでわかりました。
その結果、島根県内での不登校は私学も含めた小中学校合わせて1257人で過去最多だった前の年より214人増加して過去最多を更新しました。
これを児童・生徒1000人あたりに換算すると24・0人となり全国平均の18・8人を大きく上回って全国ワースト1位でした。
このうち指導の結果登校できるようになったのは338人で、全体の約3割に留まっていて対応の難しさを改めて示しています。
因みに永遠のライバル、鳥取県内の不登校は私学も含めた小中学校合わせて825人で前年より93人増加。また1000人あたりは全国平均の値と同じ18・8人で全国20位となっています。
MAKO
MAKO

う~む。。100歳以上の割合は日本一なのに不登校の割合も日本一とか生きやすいのか生きにくいの分からんなこの県(苦笑)どっちにしたって超不名誉な記録には間違いない。山陰のどんよりとした気候でやる気が出なくなるのが原因だという人もいるがそれでも鳥取さんとは大差を付けられてるからなぁ。私も不登校の児童と関わっていたがホントにケースbyケース。イジメ、教員との確執、ただ単に勉強したくない、ずっとゲームやってたい、周りの同級生がロボットに見えた、ゆた〇ん、など色々あった。色んな小学校現場行った傾向として地域のコミュニティーで子どもを育ててるような田舎は不登校の子はほぼいない。やっぱり新興住宅で地域が無いような所は経験上、不登校の子が多い。そこら辺にキーがあるのかもしれない。何にせよ不登校の問題を解決するのはホントに難しいと思う。

正福寺ホームページはこちら
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

田舎暮らしランキング

コメント

  1. バネリッチ より:

    おはようございます。
    確か、高校生の不登校ワースト1位は宮城県だったと思います。何と不名誉なといいつつ、現場にいる我々の勉強不足がそうさせるのだと反省しております。一方で震災やコロナのストレスも一因にあると聞きました。しかしながら、私が受け持っているクラスの生徒はありがたいことに休まない!それだけ学校生活が浸透していることだと思います。(一部担任の粛清も?笑)この間は、防災教育として、アルファ米の試食会をしました。「コロナ禍のなか、台風による避難所生活をすることになった」という想定で、炊き出しや配膳に気をつけながら、楽しみながら行うことができました。毎日本当に楽しくクラス運営をさせていただいております。今度のHRではハロウィンパーリーでもしようかな。
    11月からは報恩講と行きたいところですが、ほとんどの寺坊ではご法中や講師は入れずに、寺族と寺役員で厳修されるようです。この土日は隣の鳴子温泉へ紅葉を愛でる車でいっぱいです。寒くなりました。MAKOさんご家族共々お体には気をつけて。                   合掌

    • MAKO MAKO より:

      >バネリッチさん
      こんばんわ。
      そうなんですか。もう、不登校って個体差があるのではっきりとは分からないです💦
      しかし島根の自殺が多いのは山陰の陰気な気候が原因してるんじゃないかと多くの人が言っています。
      いつも曇っているので鬱になりやすいとか。
      本格的に報恩講ですね。こっちも回り合いはみんな控える用です。
      何故控えるのかよく意味が分かりませんが、長老たちはめんどくさいのかもしれません。
      うちは特に変更せずやる予定なので頑張っていきたいと思います。
      お互い体調に気を付けて過ごしていきましょう(*´▽`*)