住職が選んだ今日の島根県のニュース【島根県内の高齢者虐待89件で過去最少】

住職が選んだ今日の島根県
スポンサーリンク
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

島根県内の高齢者虐待89件で過去最少

島根県によりますと、昨年度、県内で、家族や親族などによる虐待が疑われるとして市町村に144件の通報などがあり、このうち、虐待が確認されたのは89件でした。
100件を下回るのは7年ぶりで、統計を取り始めた平成18年度以降、最も少なくなりました。
虐待の内容の内訳を見ると、暴力などの「身体的虐待」が全体のおよそ66%と最多で、暴言などの「心理的虐待」がおよそ50%、食事を与えなかったり、長時間放置したりするなどの「介護等放棄」がおよそ18%となっています。
また、虐待したのは、息子が43%と最も多く、次いで、夫が25%、娘が14%などとなっています。
一方で、介護施設で確認された高齢者への虐待は8件で、調査を始めてから最も多く、島根県は、「虐待を見かけたら、市町村や地域包括支援センターに連絡してほしい。また、介護をしていて不安や負担を感じている人も、こうした窓口に相談してほしい」と呼びかけています。
MAKO
MAKO

過去最少で89件もあるのか。介護は実際に介護した人じゃなきゃその大変さは分らない。具体的にどうだったかは控えるがうちも前坊を介護したが本当に大変だった。なので虐待は絶対にいけないというのは当然のことだがストレスが溜まるってのは分かる。自分の親だったり、義理の親だったり、関係はそれぞれあるがどんな関係だって大変なものは大変。特に認知が入ってる場合は。だからプロに任せるべきだと思う。故にもっと介護福祉士さんの報酬をあげなければいけないと思う。みんな行く道なんだから。しかしデータ見ると男性の方が圧倒的に介護に向いてないな。そして職員が虐待するなど言語道断。確かに施設でも入院しててもめっさ我儘なお年寄りいてイライラするのは分かってあげるが割りきらないと。この世から小さい子にも大きな子にも全ての虐待が無くなることを願います。

正福寺ホームページはこちら
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

コメント