住職が選んだ今日の島根県のニュース【島根県の人口、2060年には38万3000人まで減少すると推計】

住職が選んだ今日の島根県
スポンサーリンク
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

島根県の人口、2060年には38万3000人まで減少すると推計

 

島根県によりますと県内の人口は先月1日時点の推計で66万5205人で、前の月より497人減りました。
将来の人口についてのシミュレーションの結果、特段の対策を講じない場合、2040年には51万7000人、2060年には38万3000人まで減少すると推計しています。
こうした状況を踏まえ、島根県は「島根創生計画」を策定しています。
「島根創生計画」では、収益の向上といった農林水産業の振興や、力強い地域産業や魅力ある観光地域づくり、若者の県内の就職や「UIターン」の促進を通じた新しい人の流れを作るとしています。
また、子育て支援策の充実や中山間地域や離島の暮らしの確保などにも取り組むことにしています。
そして、将来の県の人口を2040年には57万4000人、2060年には49万5000人とすることを目標にしています。

MAKO
MAKO

島根県全体で38万人て・・・江津市なんか40年後には1万人もいないんじゃないかな。日本全国子どもが減少してるけどこれはホントにヤバい。そして進学するのにお金がかかりすぎる。教育を受けるための費用を減らせば出産も増えるんじゃないかと思うがやらないんだよね。大学出すのに1千万以上かかると思うとそりゃ何人も育てられない。そして何か計画しても想定道理なんかいかない。こっから整備するより既に整備されてるところに行く方が楽だからね。それに少子化対策とか言ってる政治家や役所の人が自分の子どもを県外に出してUIターンだよりとか言ってるんだからどうにもならないでしょう。益々東京一極集中になるな。それか田舎でめっさ広い土地で農業やるかだ。もうこの町の未来は分らんね( ;∀;)

正福寺ホームページはこちら
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

 

コメント