住職が選んだ今日の島根県のニュース【江津市桜江町の3地区7世帯が水害対策で個別移転へ】

住職が選んだ今日の島根県
スポンサーリンク
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

住職が教えたい今日の1番の島根県のニュースはこちら!

江津市桜江町の3地区7世帯が水害対策で個別移転へ

江の川下流域で大雨による氾濫が相次いでいることを受け、国土交通省中国地方整備局は江津市桜江町の3地区7世帯で個別移転を進める方針を明らかにした。国が家や土地を買い取り、補償金を元に安全な場所へ移ってもらう手法で、国の集団移転制度が適用されない少数集落の早期の安全確保が目的だ。対象は、同市桜江町後山の仁万瀬・小松の両地区の4世帯と、同町谷住郷の大口地区の3世帯。いずれも堤防が無い地区で、2018、20年の氾濫時に家屋が浸水するなどした。13日に同市桜江町の桜江総合センターで住民説明会があり、国の担当者らが出席。集団移転制度は地域コミュニティー維持のため5世帯以上が条件だが、個別移転なら、対象外の少数集落でも築堤や土地のかさ上げ工事を待つより、短期間で安全確保が望める。国は市などと調査を実施し、補償額を算定、家主の同意を得て移転に着手する。早ければ22年度中に最初の移転を終えたい考えだ。説明会では住民から異論は出なかったが、補償額などについて質問が相次いだ。同町谷住郷大口の森本みどりさん(72)は取材に「これ以上負担が増えると食べていけなくなる」と不安を口にする一方、「再々家が水につかるので仕方ない」とも話した。

MAKO
MAKO

終わりの始まりがついにきたか。確かに堤防作るより引っ越しさせた方が費用も時間もかからないのは事実。ただそれにより地域が消滅していくことでしょう。だってこの町は浸かりますよって市や県が公認してるようなものだから誰も今後住まないでしょ。今まで浸かるの分かってて何もして来なかった市や県の責任だと思ってるし、奥の地域は市にとって邪魔なだけだとすら感じる。ただ思うのは家や土地を買い取るのはいいが町についた予算は町のために使って欲しい。そもそも先に出た人は自分たちのお金で出てるんだから、町の水害対策についた予算を個人に当てるのはおかしい。残って町を守ろうとする人たちのために水に浸からないような道路を作るために使って欲しい。この話が出るたびに悲しくそして不快な気持ちになる。。。はぁ。

正福寺ホームページはこちら
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

田舎暮らしランキング

コメント