ここ最近花まつりが熱い!で、その花まつりとは?

お寺のできごと
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

いや〜、最近花まつりが熱いのですよ。知ってます花まつり。一体何が起こってるのか?

花まつりとは何なのか?

ちょっとお話します。

最近、花まつりが熱い!

前までそんなことなかったのですが、最近Twitterとか見てると色んな県のお寺さんがなんだか花まつりをビッグイベントとして何かやってます。

カレー食べたり、ホットケーキ焼いたり(笑)

調べてみるとホント派手にやってるお寺が多いです。

で、友達のお寺の例えばネイチャーレッドラテが注文できる蓮敬寺CafeSARAなんかは本堂の内陣一面に花が敷き詰められていて凄くインスタ映えする仕様になってるし、おしょうさんのいる岩瀧寺なんかでは白象プロジェクトと言ってぞうさんを白くするために何か貼ってくイベントしてるし。

なんか花まつりは宗派を問わないので連携とかしてやり易いのかもしれませんね。

正福寺はというここ、川平町は昔から花まつりはやらないで宗祖降誕会、即ち親鸞聖人のお誕生日を機縁とする法座の方を大事にしてるんですよ。

だから全く花まつりというのをやったことがありません💦

今年はちょっと飾りました(*´▽`*)

と言う訳で、今日も各地で花まつりイベントをやっていましたが正福寺は何も無しで普通に法務に出かけました。

で、帰ってきたら・・・

本当に椿の花が散りばめられていました。

坊守さんが庭の椿を本堂に散りばめたらしい。

生花なので綺麗ですね(*´▽`*)

特に何もしませんが、ネイチャー君もいるので参って手を合わせて見てくれたらありがたい事です。

花まつりとは?

では、なんか当たり前のように話してるけどそもそも花まつりってなんじゃい!って方も当然いるのでちょっと説明。

花まつりとは簡単に言うとお釈迦様のお誕生日をお祝いする法要です。

そう、4月8日がお釈迦様のお誕生日、なのでお釈迦様おめでとーーー!ていうテンションでお祭り騒ぎの法要を行う日です。

何故に花まつりと言うの?

本来は本来は、灌仏会(かんぶつえ)とか、浴仏会(よくぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、竜華会(りゅうげえ)とか言ったりします。

でも、同じ行事なのに宗派によって呼び方違うとややこしいでしょ。

なので、そこは宗派の垣根を超えて「花まつり」で統一しようやってことになったのであります(^_-)-☆

で、じゃあ何で花まつりにしたのかと言うと諸説ありはしますが、お釈迦様は、お母様が里帰りの途中、休憩に立ち寄ったネパール国ルンビニの花園でお生まれになりました。この事から沢山の花で飾ることで、そこをルンビニの花園に見立てて、お釈迦様の誕生日を祝うので花まつりという名称になったというの一番有力でしょう。因みにお釈迦様はお母様の脇から生まれたと伝えられています。そんなアホなと思うでしょうが伝えられてるものは伝えられてるんだからしょうがない(笑)

花まつりに何をするの?

もはや何でもありの風潮になってますが、基本的には花御堂を作ってその中にお釈迦様の誕生仏を置いてめっさ甘茶をかけます。ええ、お釈迦様がもうやめてって言うくらいの勢いでかけます(笑)
因みに誕生仏は、右手は天を指し、左手は地上を指した姿をしています。
これは、お釈迦様が生まれた直後、七歩歩いて、右手で天を左手で地を指して「天上天下唯我独尊」と話したという伝説に基づいているのであります。

なんで甘茶やねん!

これはお釈迦様がお母様の脇から生まれた時に、九つの竜が現れて生まれたばかりのお釈迦さまの体に清浄の甘い水を注いで産湯としたというこれも伝説に基づいているのであります。ただでさえ脇から生まれてるのに、それに加えて竜が9匹も現れてあのサイズで赤ちゃんに甘い水かけられた時のお母さんのメンタル大丈夫だったかって話でもあります(笑)

花まつりに行ってみよう!

以上、ざっと説明しましたが、多分花まつりは他の法要みたいにかっちりしてないと思います。

特別にお経読んだりするというよりも、お寺に寄ってみたら甘茶かけマシーンが置いてあるからどうぞご自由にかけてねみたいな方が多いかもしれません。

ですので、どうぞググってからお気軽に行ってみて下さい。

先に述べたように正福寺もほんの1,2日椿の花とネイチャー君がお出迎えしますよ(^_-)-☆

甘茶は無いけど💦

 

コメント

  1. バネリッチ より:

    おはようございます。
    ご息女のご入学MAKOとにおめでとうございます。いよいよ高校生活スタートですね。
    先週まで、本山の春の法要研修会に参加してきました。毎年4月1日に音楽法要が厳修されるのですが、それに参加して、仏法について勉強しつつ、音楽の練習を行いと盛りだくさんの研修会でした。
    新学期スタートの4月8日は花祭りでもあるんですよね。研修会でも我々が大事にしたい日にちが紹介されておりました。やはりMAKO住職はよく勉強なさっておるなあ。学校の仕事は辛いけど、仏法に癒やされてるなあと実感できる日々を過ごしたいものです。
    ご息女様、頑張れ!MAKO住職、これからもよろしくお願いいたします。

    • MAKO MAKO より:

      >バネリッチさん
      お疲れ様です。本日娘の入学式でした。
      まあ、何と言うか学校によって違うんでしょうが、私立なので校長が学歴至上主義でした。
      この時代に信じられないというか、偏差値をいかに高めてより良い大学に入ることで人より幸せになると切々と話していて・・・
      人より幸せってなんでしょう??
      この人は日々色々な縁によって生かされていることに対して報恩感謝のほの字も無いんだろうなと思って行かせる学校間違えたと初日で感じました(苦笑)
      だからこそただでさえ忙しい中、訳の分からない管理職に使える先生は本当に大変だと思います。
      また今年度も始まりましたがバネリッチさんもお体お気をつけてお過ごしください<(_ _)>