【感想】MAKOさんレビュー(映画)〜劇場版「鬼滅の刃」無限列車編~・・・見事に再現されたアニメーション故に泣けなかった💦

MAKOさんレビュー
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

さて、空前の大ブームとなった鬼滅の刃。

私は小5から少年ジャンプを本当に毎週買い続けているので鬼滅の刃も最初から最後までジャンプで見ていました。

よく考えたら集英社に幾らお金を使い、そしてこれからも使い続けるのか(笑)

そう言う訳でブームだからではなく、最初から面白と思っていました。

そして鬼滅の刃が映画になったから見たいというよりも無限列車編がアニメーションになるとどう表現されるのかが気になって劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を見に行きました。

私は泣けなかった、アニメーションの凄さを見るべきか

さて、この映画ですがTwitter界隈では初日から見に行った人が大勢いて感想が飛び交っていました。

中でも多かったのが号泣するということ。

なんでもタオル持って行けというアドバイスを頂いたので私もタオルを持参して行きました。

2週目だったのか島根県だからなのか満員では無かったです。

そんなこんなで映画が始まりました。

・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・

しゅーりょー。

え~、私は全く泣けませんでした。

何故なら見事なくらい原作と同じだったから。

故に一度ジャンプでうるっときてるし、単行本読み返したので当然その通りの展開だったで私は動いてる漫画を読んでいるような感覚でした。

ただ、私がそうだっただけで同じが故に号泣する人は当然それはいいと思います。

なので内容は単行本と一緒なので触れる必要は無いと思いますがアニメーションは凄かった。

迫力、滑らかさ、そして声優の演技とアニメーションとしてはホントに凄い映画だったと思います。

それを見るだけも価値はあるかも。

何にしてもストーリーは事前に何年も前から全部わかっているので勧める勧めないもなく、鬼滅の刃が好きだったり、流れに乗りたい人は見るべきだし、漫画持ってるからいいやって人は見なくてもいいかもしれません。

ただ見終わった後に煉獄さんが命をとして炭治郎の命を守ってくれたお蔭で無惨を倒すことが出来ましたって気持ちにはなる(笑)

あらすじ
蝶屋敷での修業を終えた“鬼殺隊”の竈門炭治郎は、短期間で40人以上が行方不明になった“無限列車”を捜索する任務に就く。妹の竈門禰豆子を連れた炭治郎と我妻善逸、嘴平伊之助は、鬼殺隊最強の剣士“柱”のひとりである炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を進む無限列車の中で鬼を相手に戦い始める。
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公開中PV

正福寺ホームページはこちら
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

コメント

  1. バネリッチ より:

    こんばんはー。
    最近はいい映画、ないっすね。昨日親分が居ないことをいいことに(まさに鬼の居ぬ間)、数年前に買っていた映画「KANO」のDVDをかいつまんでみながら不覚にも泣いていました。
    話は変わりますが、今月の大谷派の機関誌『同朋』で料理のことを特集していました。もし差し支えなかったら、お送りしようかなあと。この状況の中、お斎を出しながら報恩講を厳守する住職の様子を見ながら、ご奉仕できることならと思い立っておりました。
    今日は郡山に行って、本校バレー部の卒業生がVリーグで活躍する姿を目に焼き付けてきました。勢いで祝杯まで挙げる始末。どうにもならんと、わかっちゃあいるけどやめられない。                   合掌

    • MAKO MAKO より:

      >バネリッチさん
      ありがとうございます。
      いよいよ報恩講も近づいてきました。
      こちらの組ではほぼすべてのお寺さんがお斎を中止していますが、ありがたいことにうちはお手伝いさんがやろうと言ってくれているので出来ることになり嬉しいです。
      Vリーガーとは凄いですね💦
      バレーの凄い人はホントに凄いのでその中でもプロになれる選手が卒業生にいるとは。
      それは応援しがいがありますね。
      もうホントに寒くなってきたのでお互い体調に気を付けていきたいものです(*´▽`*)