経尿道的尿管砕石術体験談

MAKOさんの随想
スポンサーリンク
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

尿管結石の始まり

実は私は体質的に腎臓に石が出来やすいのです。

尿道結石?尿管結石?尿路結石?腎臓結石?色んな呼び方があるので何が正しいのか分からないのですが兎に角腎臓に石が出来てしまいます。

初めて出来たのは17歳の高校2年生の時。

夜中に信じられない痛みと吐き気が起きたのですが我慢して町医者に行ったら、内臓の損傷かもしれないからと大きな病院に回されました。

そこで先生から腎臓に石があると告げられると同時に、よく救急車も呼ばずに歩いてきたねと言われました。

そう、高校生だったので恥ずかしさや我慢強さなどもあり意地でも自ら病院に行くという今思えば何と無駄なプライドだったのかと。。

しかしよく分からないったですが、腹を切らなくて済むと思ってホッとしました。

それから1週間くらい入院して兎に角水を飲んで出しました。

信じられないくらいの大きさでしたが当時は兎に角水を飲むしかありませんでしたね。

因みにあまりに暇だったので弟にスーパーファミコン持って来させて病室に繋いでやっていたら何故か看護婦さんに怒られました。

そして30過ぎたくらいからどんどん石が出来始めました。

今度は何故か幾ら水を飲んでも出ないんですよ。

そして科学の進歩で体外から衝撃波を喰らわせて石を砕くという手術が出来るようになりました。

しかしそれも今までで7,8回受けています。

そんなに偏った食事もしていないのにどんどん出来るのはどうも体質ようです。

多分一生付き合わないといけないのでしょう。

お蔭でもうほんのわずかな違和感で石が出来たなと言うのが分かるようになりました(苦笑)

そして今回、自然輩出も出来ないし、ちょうど骨盤と重なって衝撃波も当てられないので、最後の手段として尿道から直接管を入れて石をレーザーで削りとっていく経尿道的尿管砕石術を敢行しました。

経尿道的尿管砕石術

経尿道的尿管砕石術とは先に書いた通り尿道から直接管を入れて石をレーザーで削りとっていく手術です。

ここからリアルな手術の流れです。

まず、前日に入院をします。

点滴に繋がれるでもなく、特にホントにやることは無いのですが入院します。

そして翌朝からというか夜中から絶食になります。

そして手術室に行き、脊髄のあたりに麻酔を打たれます。

痛かった( ;∀;)

そう、半身麻酔をして手術を行います。

するとあら不思議。

あっという間に足がしびれてきて感覚が無くなる。

もはやホントに自分の意志では動かせなくなる。

これは正直半身不随というのはこんな感じなのかと思うと非常に怖いし、人間の感覚を失わせ再び元に戻すような薬品を開発するためにどれだけの犠牲があったのかと思うととても悲しくなり、その犠牲のもとにこの手術も行われるのかとも思いなんとも言えない気持ちになりました。

そして分娩のような形にまでされたのは分かるのですがその後は感覚が無いので何をされてるか本当に分かりません。

尿道から太い管を入れられてるでしょうが感覚が無いので本当に分かりません。

そのうち、うとうとしてきて、気が付いたら1時間45分たって手術が終わっていました。

ですので、腰に麻酔される以外は本当に何にも感じないのが正直な所です。

故に再び足も動くようになるのかとちょっと不安に。。

因みに、助士さんや麻酔科の先生など女性が何人かいて恥ずかしかったですよやっぱり💦

術後の様子

術後は半身が動かないのでベットのまま迎えに来てもらいそのまま病室へ。

そしてベットに寝たまま点滴をされますが強制的に絶対安静。

ええ、動きたくとも動かないので。

そして見ると尿を出すために尿道に管が繋がっていました。

これも不思議で麻酔が切れてからも自分の意志とは関係なく尿が出るんですよね💦

そして9時麻酔をしたのですが5時ごろにようやく切れて自分の感覚を取り戻しました。

感覚を取り戻すと次に襲ってくるのは・・・ええ、当然股間の強烈な違和感と痛みです。

そりゃそうですよ、尿道に尿を輩出させるための太い管が差しっぱなしなんですから((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

基本寝たきりなのであまり動かないですが排便と食事と歯磨きの時は動かなきゃいけないのでその度に管に刺激され痛いし何とも言えない感じ💦

結局、私は初日の手術後、翌日、そして3日目の午後に管を抜いて貰いました。

しかし抜いて貰うのが先生かと思ったら担当の若い看護婦さん。

マジかと思いましたが、どうやら向うもマジかと思ったらしくちょっと上の先輩と一緒にきました。

で、これがメチャメチャ痛い。

男子なら想像だけで尿道から異物を取り出す痛さが分かるでしょう(笑)

しかも若い看護婦が気を使って優しくゆっくりとるからなお痛い💦

先輩が一思いにやってあげなさいと言ってするっと。

もう、若い娘さん2人に股間の処置して貰うはめちゃめちゃ痛いわで辛かったです。

で、後は点滴で経過観察、なのですが、その後のおしっこしたらメチャメチャメチャメチャ痛い💦

尿道傷ついてるとは言えこんな痛いのかと思ったら、物凄い量の石がおしっこと一緒に出てきました👇

正直こんなにあるのかとビビりました💦

しかもどれも鋭利なので尿道切り裂かれた(@ ̄□ ̄@;)!!

暫くおしっこする度痛みが走るのでおしっこするのが嫌でした💦

そして、月曜日に手術をして、火曜日の夕方まで安静にして、膀胱に繋がった管と点滴をとってもらうので、基本的に火曜の夜からは自由です。

しかし自由なのですが腎臓付近を大分傷つけているので経過観察ということで水曜と木曜も入院して金曜の午前中に退院になります。

体調は良くないですが、何も繋がれてなく自由のみであるにも関わらず病院からでられないのでめちゃめちゃ暇です💦

ひたすら体力回復に休むばかりです。

以上が入院から退院までのリアルな経過になります。

因みに腎臓にステントという管が入っている影響か暫く血尿が続き、おしっこすると腎臓に鈍い痛みがあります。

そして次の受診でステントをとって全て完了です。

ただ先生に聞いたら麻酔無しで尿管からとると言っているので恐怖しかありません((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

長期に入院してみて

人生でこんなに入院するのは初めてでした。

しかも時期が時期だけに病院は全てお見舞いが禁止。

寂しく過ごさなくてはなりません。

私は丁度浜田駅が見える部屋だったので夕刻家に帰る人たちを見て、帰る場所があると言うのは幸せなことだなと思いました。

そして命に関わる入院でも家族がお見舞いに行けない現状はホント良くないと思います。

これは何とかなるよう心から願います。

何にせよやっぱり健康は大事。

医食同源、予防できることは予防した方がいいとホントに思いました。

しかし、現状自分の中の最大の敵を打ち破ったので今後はニ度と敵を作らないようにしていきたいものです。

術後、ステントを取り出す

最後に腎臓に残してきたステントの取り出し方です。

これは最悪です。

私の場合ですが、まず馴染みの看護師さんの前で脱ぎます。

ええ、一期一会の看護師さんならまだしも、いつもの馴染みの看護師さんに脱いでと言われます。

これは本当に恥ずかしい。

そして再び分娩のような格好になり、何と麻酔無しで尿道へマジックハンドみたいなのが付いた内視鏡を入れます。

これがホントに超痛い( ;∀;)

内視鏡にローションを塗るんですが閉じている所を裂く感じと言ったらいいのでしょうか、めちゃめちゃ痛いです。

入れる時も痛いし当然出す時も痛いです。

手術よりこっちの方が遥かに嫌でした((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

出した管見せて貰いましたがこれもめっさ長い。

こんな長いのが入っていたのかと。

恥ずかしいし、痛いしで最悪でした。

という訳で長い付き合いになるとは言えこの手術での排出はもう2度と経験したくないことであります💦

正福寺ホームページはこちら
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 島根県情報へ
にほんブログ村

田舎暮らしランキング

MAKOさんの随想
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MAKOをフォローする
スポンサーリンク
お坊さんの剛腕ラリアット

コメント

  1. バネリッチ より:

    おはようございます。自宅待機が言い渡されて1週間になります。
    ちょこちょこ紹介しているとおり、本来職場に復帰しなければいけないはずでした。最初はお盆明けの1週間、何もしない休みが続いて良かったなあと思っていました。期せずして盆の16日に買っていたナンクロが役に立ち、ナンクロ・パソコン・ツイート、そしてたまに学校に連絡というような時間を過ごしていました。だけど1週間目になって、なんとなく体がなまってだるくなり、熱中症らしき頭の痛さ、そして冷房負けによる腹痛とちょっと体がしんどくなっています。
    MAKO住職の中国風のテーマに惹かれましたけど、私が今体験していること以上に想像を絶するような痛みだったのですね。私がラグビーの副顧問をしていたとき、正顧問が尿道結石が原因でその場に倒れたことを思い出しました。出てきた石の色、血が固まったようにも見えますが。水分をとにかくとるようなことは言われていたようです。
    そんな言ってる私も2月にはじめて胃カメラを飲みましたが、結構な苦痛でした。夏休みの胃の検診は回避されましたが、また来年も胃カメラを飲むことを考えるとぞっとします。月並みですが、健康には本当に留意したいものですね。    合掌

    • MAKOMAKO より:

      >バネリッチさん
      なんと!

      コメント書いて送信したつもりがまた上手くいっていませんでしたorz…

      コロナ本当に大変ですね💦
      掛かって無くても接触の可能性があるだけで身動きが取れない。
      ホントいい加減にして欲しいものです。
      お互い健康で元気にいたいものですね💦