本気でNOAHの拳王の言ってる意味が分からない。具体的に何なのか誰か教えて~

プロレスコラム

何度か書いてるけどチャンピオンの頃の拳王は好きだったんですよ。

NOAHの動員を増やそうと必死でやってるのが伝わってたから。

で、清宮と袂を分かってから本気で何を言って何をやってるのか分からない。

ググってみたけどホント分からない。

「見たら分かるだろ!? あいつが会社に作られたチャンピオンだってことがな!自分自身の気持ちで何か発言してんのか?自分で考えて何かやってんのか? 何もやってねえだろ!? 会社が敷いたレールを進んでるだけだ。俺が変えてやるよ! プロレスリング・ノア、 親会社のリデット・エンターテインメント、俺が変えてやるよ! 」

「俺たちは強い信念持ってんだ! ノアは変えようっていう強い信念、強い思いがあるんだ! 必ずこのプロレスリング・ノアのリングをダイヤモンドのような輝きにしてやるからな!」

「おい、清宮!なんか嬉しそうに限界突破しましたとか言ってたよな?なんだよ限界って?てめえは限界を作ってるのか?俺たち金剛は限界なんて作ってねえぞ」

・・・・・

ホントどういうこと?

ノアを変えるために一体具体的に何をしてるんだろうか?

強い信念って何だ?

ダイヤモンドのような輝きって何だ?

清宮の揚げ足とってるだけじゃ・・

具体的なものが全く分からない。

そもそも以前はマッチメークがファンの望むものじゃなかったかもしれないけど試合内容だけだったら、中型小型のレスラー所属の団体の中ではNOAHが一番だろうし、リデット・エンターテインメントの社長が三沢さんの命日にエメラルドグリーンのネクタイして、その細かな気使いにここで一緒に頑張ろうと思うと丸藤も杉浦も言ってたのに、いったい親会社の何を変える必要があるんだろう?

清宮の噛ませ犬は嫌以外の具体的な政策がホント分からないので誰か教えて下しださい。

拳王は好きな選手だったんだけど、ダイヤモンドの輝きの前身のダイヤモンドリングの某選手だった人のように価値観の押し付けが嫌いなので真相を知りたい。

だって、私は帰省するたびにNOAHを見に行ってリングサイドのチケット買ってお金を落としてるのに、拳王の言ってることに同調できないから行くのやめたってなったら、輝くどころか・・・ってことでしょ。

清宮はホント頑張ってるし、潮崎はあれだけど、中嶋君や杉浦選手やジュニアもホントいい試合既にしているのに。

もし変える必要があるとしたら脚本家とか演出家だろうと思うんだが・・・

後、北宮「帰るぞ!」稲村「はい!!」これはもうお約束のコントになった。

これも信念か。。。

コメント