悲報:全日本プロレスの青木篤志選手が首都高でのバイク事故により死亡。苦しい時も全日本に残ってくれてありがとう(涙)

プロレスコラム

全日本プロレスの現世界ジュニアチャンピオンである青木篤志選手がバイク事故で無くなるというプロレスファンにとっては朝から非常にショックなニュースが飛び込んできました。。。

3日午後10時半ごろ、東京都千代田区北の丸公園の首都高速都心環状線外回りで、バイクが側壁に衝突する単独事故があった。運転していた川崎市宮前区のプロレスラー、青木篤志さん(41)が病院に搬送されたが、死亡が確認された。
警視庁高速隊によると、現場は2車線の右カーブのトンネル出口付近で、青木さんは三宅坂ジャンクション(JCT)から竹橋JCT方面に走行中だった。青木さんはヘルメットを着用していて目立った外傷はなく、警視庁は死因や詳しい事故原因を調べている。
信じられないというか信じたくない出来事です。
分裂、解散、倒産、色んな危機があって収入もままならなかった時期でもずっと所属した功労者の青木選手が・・・
そして素晴らしい試合でベルトを獲って佐藤光留との同門対決も決まり、全日本ジュニアの輝きのために始動し始めた矢先に・・・
単独ということで、身体に影響が出たのか、注意を怠ったのかは分かりませんが、亡くなったという事実だけが宙に浮いています。。
いつ何時どんな形であれ、命あるものがそれを終えていくという不変の道理を目の当たりにして、寂しさと共にただただ全日本プロレスのためにありがとうございましたとしか言うことは出来ません。
本当にピンチの時も全日本プロレスに残って支えてくれてありがとうございました。
合掌。
https://www.syouhukuji.com/?p=1656

コメント