冬の池のもの悲しさに勝るものは中々無い説

MAKOさんの随想
MAKO
MAKO

悲しいときー、誰かが亡くなったときー

MAKO
MAKO

悲しいときー、歯磨き粉と間違えてメンズビオレで歯を磨いてしまったときー

MAKO
MAKO

悲しいときー、島根に来て中華屋に入ったら冷麺とメニューにあったので韓国のゴムのやつだと思って頼んだら冷やし中華が出てきたときー

MAKO
MAKO

悲しいときー、御院家さん、今日はお寿司だから一緒にご飯食べて行かんかねと言われて、喜んで「はい!」と言ったら、おいなりさんが出てきたときー

 

MAKO
MAKO

悲しいときー、鳥取の燕趙園で食事をする時にお店につけ麺とメニューにあったので豚骨か魚介の太麺が出ると思ったら広島風の辛酸っぱいやつが出てきたときー

MAKO
MAKO

悲しいときー、勇気を振り絞って親の虐待を知らせてくれたのに市教委が親にそのアンケートを見せて最悪の結果を招いたときー

 

MAKO
MAKO

悲しいときー、何もかにも枯れ果てた真冬の池を見たときー

MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。

(@Jewelry__angel )

え~、特に意味は無いんですが、冬に何もかも枯れ果てて寒々とした池に立ち止まった時に、これほどもの悲しい景観も無いのではないかと思い、思わず写真を撮ってしまいました。

異論は認めます(笑)

しかしこの厳しい寒さを乗り越えて、また池の周りの草花も芽吹き、美しさを取り戻すのです。

寒くておふとぅんから出たくない毎日ですが、頑張って日々を過ごしましょう。

春はもうすぐですよ(*´▽`*)

 

・・・・・・・

 

あ・・・・・

 

その前に花粉や・・・・

 

 

嫌ーーーーーーーーーーーー!Σ( ̄□ ̄|||)

正福寺ホームページはこちら
正福寺納骨壇について
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

 

コメント