先代の13回忌に思ふ

MAKOさんの随想
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。

(@Jewelry__angel )

さて、昨日の2月4日は正福寺の先代住職の13回忌でした。

13回忌ということは先代が往生して12年が過ぎて13年目に入ったということ。

即ち、私が住職になってから12年が経って13年目に入ったということです。

本当に突然すぎる往生(どのくらい突然かというと例えばこのブログを書いて、アップしたので寝室に戻ろうとしてその途中で倒れて死んじゃうくらいの突然です)でした。

思いだしても吐き気がするくらい大変だった・・・

大変でした。

ええ、ホント大変でした。

ご存知の通りMAKOさんはここの生まれじゃないし、先代と結果3年しか一緒にいれず、その間は小学校の先生やってたから、引継ぎなど皆無で『今から住職』にならざるをえなくなり、本当に大変で、ダメかもと思ったことも何度もありました。

何もかも分からないのにいきなり経営者だからね(苦笑)

門徒さんの名前と顔も一致しないし、家も分からないし、その後に入っていた法務の予定も分からないし、お葬式や通夜もやったことないし、税務処理も分からないし、地区のルールも分からないし、本願寺への対応も分からないしで、もうホントわからない事しかない状態だったなぁ(遠い目)

しかしながらそれを乗り越えてリアルでもSNSでもたくさんの繋がりが出来て、家族や本当に多くの人に支えて頂いてここまで来れた事を実感し感謝しています。

先代は真面目で誠実で優しい方でした。

先代がとても真摯に門信徒さん方に接してきたからこそ、仏法を正福寺を守りたいと多くの人が思ってくれて力を貸してくれたのだと思います。

そういう意味で先代が歩んできた信頼という名のもとに貯めてきた門信徒さん方が正福寺を、仏法を愛する気持ちの貯金を使わせてもらっていると思っています。

とても先代のような立派な住職になれる自信は今は無いですが、『私は正福寺の門信徒なんだ』って門信徒さん方が他で自慢できるような住職、お寺に出来るように今度は私がしていきたいと思います。

先代と過ごした時間は本当に短かったですが、とても優しく良くしてもらったことをやはり色々と思い出しました。

合掌。

正福寺ホームページはこちら
正福寺納骨壇について
ネイチャーレッドホームページはこちら

ネイチャーレッド主題歌絶賛販売中!
ご購入はここをクリック
ネイチャーレッドLINEスタンプ絶賛発売中!
ご購入はここをクリック

コメント