おちび、10才の誕生日をリアル法事ケーキにて迎える。まさに次世代のお坊さんの鑑(笑)

MAKOさんの随想
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

本日ありがたいことに、おちび君が10才のお誕生日を迎えました。

当たり前のことなど無い生において10年もの才月を過ごせたことを本当に有難く思います。

二桁になったのでもうおちびとは呼べないかな〜。

さて、そんなおちび君ですが(笑)今日のお誕生日のケーキをリアル法事ケーキでお祝いしました。

そう、一般的に法事ケーキは2種類あって、スポンジに砂糖がコーティングされているもの(私は法事カステラと呼んでいます)と、ショートケーキに蓮が描かれているもの(リアル法事ケーキと呼んでいます)です。

そう、リアル法事ケーキは要するに子どものためにホールにキャラクターを書いてもらう所に蓮の花を書いてもらっているだけなので本物のケーキなのですよ。

で、今日はリアル法事ケーキをお供えしてくれている家の法事だったため、お下がりで頂きました。

で、持って帰ったらおちび君が誕生日ケーキそれでいいと。

何度も確認したけどそれでいいと。

・・・・・

うむ、分かった。

じゃあリアル法事ケーキのお下がりをおちび君の誕生日ケーキにさせて貰いましょう。

せめて好きなものトッピングさせてあげると言ったらトッポですと(笑)

と言う訳でリアル法事ケーキにトッポを刺してめでたく10才の誕生会を開催しました。

こんな形でのお祝いなんてお寺の坊ちゃんだわ(笑)

まあ、絵を描くだけなので多分何処のケーキ屋でもやってくれるでしょう。

お坊さんが好き嫌い言っちゃいけないからお供えはこれで・・・とは言いませんよ(笑)

ただ凄く美味しいからMAKOさんは饅頭タイプ、カステラタイプ、とある中でこれが一番好みなだけです(笑)

コメント