辛口プロレス観戦記~令和元年【OSW(大阪スタイルレスリング)】旗揚げ戦9.1北千住東京芸術ホール大会

プロレスコラム

久しぶりの辛口プロレス観戦記です。

今回はOSW(大阪スタイルレスリング)の旗揚げ戦を見に行きました。

といっても実はこれを目当てではなく、宇宙銀河戦士アンドロスさんが出場するから。

もう大分浸透してきましたがMAKOさんはアンドロス選手の大ファンで、ネイチャーレッドとしてはヒーローの心得を教えて貰った師匠にあたる方なのでチャンスがあれば会いに行きます。

てなわけで、正直言うとアンドロスさんが出場されて私が見に行けるタイミングがたまたまOSWの旗揚げだったわけです(笑)

まあ、仕方ない。

何故なら大阪のプロレスはどうなってるのか分からないから💦

新大阪プロレスや道頓堀プロレスとかもあるそうでどの選手が所属なのか所属じゃないのか分からないし、同日に本家の大阪プロレスの興行もあったりでちょっと良く分からないので、大阪の情報に疎かったのです💦

でも縁があって見れたのだから感想を書きたいと思います。

 

・・・・・

 

が、辛口で書きようがない(笑)

あのね、くいしんぼう仮面選手が言った「プロレス見に行こうと思ってプロレスが見れると思ったら大間違いやぞ」これが全てです(笑)

これ以上でも以下でもないですよ(笑)

だって第一試合から度肝の抜かれっぱなし。

第一試合にアンドロスさん登場なんてとても贅沢ですが対戦相手が終盤ずっとおしり出してて放送コード大丈夫なのかと(笑)

最後はお尻を出したままジャーマンで投げられるという子ども大爆笑(笑)、いや大人も大爆笑(笑)

カールゴッチ氏が見たら怒髪天を衝くでしょうね💦

・・・・・

って、全試合こんな感じよ(笑)

普通、激しい試合があったり、テクニックで魅せる試合があったりした中で面白い試合があるものだけど、ホント全部こんな感じ(笑)

だから一試合づつ解説する必要もない(笑)

メインのくいしんぼう仮面対ミラクルマンなんて選手もレフェリーもセコンドも解説も実況も全員が「あきらめた」でノーコンテスト。

んなアホな(笑)

でもこれが代表のくいんぼう仮面選手がやりたかったことだからしょうがない(笑)

これも力道山が始めたプロレスの未来の形なのです。

多分、力道山は激怒すると思うけど(笑)

あと、ミラクルマンなのに解説の丸山敦選手がずっと南条さんとしか言ってなかったのが笑った(笑)

南条さん太りましたね~(笑)

しかし何よりも個人的に一番この団体凄いと思ったのが井上雅央選手が全身白タイツでのっぺらぼうとして参戦したんだけど、ヒントが掌に書いてあった雅と央の字だけで一切正体を明かすでもなく触れるでもなく試合終らせて引き下がったこと。

先日NOAHのタッグに挑戦したあの井上雅央を正体ばらさず全身白タイツですよ!

観客も本物だとは思ってないから雅央コールも出ないし、反応も微妙だった。

これホント凄いことだと思ったよ(笑)

まあ、笑いたいなら是非見に行くべき。

メジャーをずっと見続けてきた今だからこのインディーの距離感と言うか自由な発想が楽しい。

ブレーンバスターや尻が出てたとは言えジャーマンなんて目の前で見たら十分フィニッシュになる技だから。

新日見てる方がよっぽど怖いし疲れるようになってきた💦

だから全日をのぞいたら今はインディーをお勧めしたい。

ただやっぱりお笑いとは言えリングに上がる以上みんなちゃんと練習してるプロレスラーだなってのは分かるから安心。

しかしこのスタイルで行くのはいいがどのくらいパターンを作るのか。。

一見さんならいいけどずっと見に来てくれる人を満足させるパターンを作り続けるのはホント大変だと思う。

でも志がある団体だから頑張って欲しい。

あ、あと高井憲吾選手を初めて見たんだけどあれは普段からコジのオマージュレスラーなの?

詳しい人教えて💦

 

コメント