ぺロペロ・コントラ・ぺロペロって・・・社長がこれで大丈夫かW1?

プロレスコラム

現在W-1で「WRESTLE-1 CRUISER FES 2019」トーナメントが行われています。

で、その一回戦でエル・リンダマンがカズ・ハヤシ社長に勝ちました。

まあ、急所蹴りとか色々あったようですが結果は結果。

しかしその後がなんかおかしい・・・

試合後のリンダマンのマイクからの流れ「確かにこのカズ・ハヤシ社長は昨日の記者会見で、『俺が負けたら、お前の靴をペロペロ舐めてやる』って言ったよな」とカズに難癖をつけた。カズは「言ってねえよ。言うか、そんなこと」と否定するも、客席からは「ペロペロ」コールが発生。リンダマンは「お前は男の中の色男とか呼ばれてるらしいな。男に二言はない。さあ、カズ・ハヤシ。男らしくここに来て、ヒザを立てて、この俺の靴をペロペロと舐めてもらうからな」と詰め寄った。

靴舐めを約束していたとは・・・

敗北して意気消沈したカズは舐めそうになるが、そこにトンドコロが乱入。トンドコロはブーイングを浴びながらも、「あんなヤツの足を舐めちゃダメです」とカズを救出した。怒りのリンダマンは「お前、わかってないな? W-1所属のくせに、W-1の客が今まさに、カズ・ハヤシのペロペロを見ようとしたことを」と客席にアピール。さらに、ブーイングが大きくなる。

舐める前に選手が止めるのは正にお約束の茶番劇だがW1のファンは偉い(笑)

止めるどころか舐めるのを見たいって後押しするのが面白い。

最近は外敵が外敵らしい憎さじゃ無くなって、いかに面白いかってのを見たいんだね(笑)

で、ラストにカズ社長のコメント

【カズの話】「誰が負けたらペロペロするって言うか…。やるんだったら、ちゃんと俺が宣言してからやってやるよ。あんな汚い勝ち方しやがって。いいよ、ペロペロ・コントラ・ペロペロ…あいつといつだってやってやる」

なんやねん、ぺロペロ・コントラ・ぺロペロってwww

1つの会社の社長がこんなこと言って大丈夫なのか?

面白い企画だけど誰も得しない(笑)

中森対チサコの髪切りくらい誰も得しないよ。

リングでノリでファンも後押ししたけど実際に舐めたらドン引きだよね。。

芦野とか吉岡とか本気でやってるから社長が奇怪な発言はしない方がいいと思う。

まあ、どっちが負けてもぺロペロって発想は嫌いじゃないけど、プロレスラーがどっちの靴を舐めるのか競い合うってことしてるから世間から白い目で見られるというか、未だ認知されないのではないでしょうか・・・

コメント