【感想】MAKOさんレビュー(映画)〜劇場版 ONE PIECE STAMPEDE~・・・ワンピース以上でも以下でもない

MAKOさんレビュー
MAKO
MAKO

どうも、森のお坊さんでお馴染みのMAKOです。(@Jewelry__angel )

ちょっと遅めのお盆休み(*´▽`*)

休みって言ったら映画でしょう!

そこで評判が高かったワンピースを見てきました。

基本的にアニメの劇場版は見に行かないし、ワンピースも単行本を買わないからジャンプの中では私的には可もなく不可ものなくの漫画なんだけど、連載時から全て読んでるし、書いた通り評判が良かったので行ってみました。

ワンピースはワンピース。それ以上でも以下でもない。

最後までしっかり見た感想はやっぱりワンピースはワンピースであってそれ以上でも以下でもないって感じかな。

相変わらずとうか箇条書きにすると

・本編から離れてるから違和感が凄い(今、カイドウ軍と戦ってる最中だから)
・絶望的な戦力差からなんやかんやで勝利
・劇場版インフレが酷い。(これなら多分ルフィーは四皇にも勝つ)
・海軍が相変わらず無能。(何故が壮大な被害が出ても大将が戦わない)
・海軍も正義を掲げてるくせに人の命を何とも思っていない。

まあ、いつも通りです(笑)

ホントこんな内容。

細かく言う必要も無いでしょう。

ロジャーの仲間だったダグラスバレットが最強を証明するために大将や四皇ではなく何故かルフィーたち若手をフルボッコにするんだけど、最終的には覚醒したルフィーにやられちゃうお話。

以上(笑)

ルーキーたちが力を合わせて戦ったり、ワンピースが大好きな人のための映画なので、ワンピースが大好きな人にはお勧めしますが、普通の人はホント普通と言うかいつも通りと思ってしまいますよ多分(笑)

あらすじ

海賊の海賊による海賊のための世界一の祭典・海賊万博に招待された麦わらの一味は、万博の目玉「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」で世界中から集まった海賊たちとお宝争奪戦に奔走する。その熱狂の裏で、海軍が海賊を一網打尽にするため潜入捜査を開始。さらに元ロジャー海賊団の“鬼”の跡目ことダグラス・バレットが、ルフィたちの前に立ちはだかる。

コメント